スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/----:--] | スポンサー広告 | page top
とある元素使(テクター)の短杖目録 【後編】
バストアップ_メカシーリン2
どうも、こんにちは。メカシーリンです。

昨日に引き続き、『テクターと短杖(ウォンド)について』というテーマでウォンドの魅力を語らせて頂きたいと思います。

ちなみに今回も当チームのタシーさん主催による、PSO2 Advent Calendar 2014に掲載させて頂いていますので、興味がありましたら是非とも他の方の記事もご覧になってください。




私が今現在、現役で使用しているウォンドについては昨日の記事で書きましたので、本日はそれ以外のウォンドについて紹介したいと思います。



■15 ローズキャンドル (氷属性)  ※詳細
20141211_01.jpg

元はネタで作った武器の1つでした。
みんな大好きアダマンの杖の上位武器です。

潜在能力『細氷の枷』は、状態異常『フリーズ』の発生確率が上がるという素敵なもので、「まとめて殴ったらみんな凍ってすごくね?」という誰もが一度は抱く期待感に胸を躍らせたものです。

たまたま特殊能力てんこ盛りのモノを拾えたので、さっそく強化・潜在能力開放し、ついでにサブクラスもフォースにしてフリズキープまで取得して「うはwwwwこれで殴り放題wwwwマジ最強wwww」と喜び勇んで海底に出かけたのでした。

結果?
ああ、うん…まあ…弱くはないね…
※強いわけでもない

期待が大きかった分、その落胆ぶりも大きいわけで、魔女化こそまぬがれたものの、結局そのまま倉庫の片隅にポイと放置されてしまいました。

しかしそんなある日、転機が訪れます。

サブキャラ育成で慣れないクラスと武器でクエストをクリアしなければならず苦労していた時…たまたま覗いた倉庫の中で、装備可能なこの武器が目に止まりました。
そう、全クラス装備可能だという事に今更気付いたのです。
気付くの遅すぎィ!

そこから先は簡単でした。サブクラスにテクターを入れてウォンドギアウォンドラバーズを取ってこの武器を握れば、慣れ親しんだテクターの闘い方ができるのですから。これで勝つる!

…そんなわけで、以後この武器はサブキャラ育成のお供として欠かせない存在になったのでした。
埋もれ木に花が咲くとはこの事ですね。
※他の武器種の扱いが一向に上達しないのはだいたいこいつのせい



■16 ホットジャック (炎属性)  ※詳細
20141211_02.jpg

用途は上記のローズキャンドルとだいたい同じ。
全クラス装備可能な点を活かして、サブキャラ育成のお供に使用しています。

装備条件が比較的緩く、威力も結構高いので難易度ベリーハードまでは活躍してくれます。それ以上だとさすがにキツくなるので、ローズキャンドルにチェンジですね。

ちなみに潜在能力は『集気光』なのですが、もともと集めて殴るタイプだとPPが余るので特に必用なかったりします。
なので潜在能力開放もしていないのでした。

ちなみにこの武器、季節モノなので、時期が過ぎると市場から消えてべらぼうに値上がりします。
低レベル時から装備可能な全職ウォンドは結構重宝するので、必用ならいまのうちに確保しておく事をおすすめします。
ラムダレガリア「…」



■17 クールジャック (炎属性)  ※詳細
20141211_03.jpg

ホットジャックの下位互換ですね。
潜在能力が『集気光』という点も同じ、季節モノという点も同じ。よって用途や注意点も同じです。

そんなこの武器の特徴は、全職装備可能なウォンドの中で一番装備条件が緩く、初期の頃から扱えるという点でしょうか。難易度ハードくらいまでは十分活躍してくれます。

クールジャック→ホットジャック→ローズキャンドルと繋いでいけば、慣れない他クラスの育成もばっちりですね!
※だからこれをやると他の武器種が全然上達しません



■18 イエーデクラブ (炎属性)  ※詳細
20141211_04.jpg

昨日紹介したキングイエーデクラブの廉価版であり、私が使っていた初代『原生滅牙』のウォンドです。

両者の違いは、打撃力の差と装備条件ですね。意外なことに法撃力はほとんど差がありません。
すなわちキングイエーデクラブの法撃力がまるで成長していないという事

装備条件の法撃力要求値650というのは実は結構キツい値でして、レベル上限が低かった昔は法撃マグを装備しないと握る事ができないシロモノでした。そのため、装備条件が打撃力要求値550というキングイエーデクラブの登場で、皆そちらに乗り換えたのは当然といえば当然です。

かくしてこの武器は役目を終えて引退し、倉庫の中でのんびり余生を送っているのでした。
※たまにサブキャラが引っ張り出して使う事はあります。

それはそうと!

実は前から気になってた事があるんですよね。
武器の説明文に「イエーデの手のような形をした~」とありますが、どう見てもイエーデの生首です本当にありがとうございました



■19 エクスウォンド (闇属性)  ※詳細
20141211_05.jpg

かつて私がまだ駆け出しテクターだった頃、最初の目標は各属性ウォンドを揃える事でした。

そして揃えたのがのエクスウォンド5本衆です。

中でも闇エクスウォンドは龍祭壇などで活躍したトップエースでした。その後も長く主力系ウォンドの筆頭として活躍し続けたのですが、ノワルウォンドの登場とともにその役目を終え、引退しました。
私にとっては、最も思い入れの深いウォンドです。

かつて共に功名を競い合い、一度は引退した仲間達(水、光)が次々と戦列に復帰していくが、自分はそれが叶わず見送るしかない…そんなかつてのトップエースの気持ちはいかばかりでしょうか。
もし新しい潜在でも来たら、復帰させてあげようと思っています。

ちなみに、エクスウォンド5本衆のうち、火と雷は現在行方不明となっていたりします。どこにやったっけ…



■20 アダマンの杖 (氷属性)  ※詳細
20141211_06.jpg

みんなが大好きなアダマンの杖。
PSOの頃から存在する古参武器なので、思い入れのあるアークスも多いのではないでしょうか。

同時に、ダークファルス【巨躯】戦後のアイテム鑑定タイムでウォンドSWを鑑定する際、「へっ、どうせアイツだろ」と諦めながらもどこか心の奥で淡い奇跡を期待しつつ、結果やっぱり「やあ」と現れるのはこの武器で「やっぱりお前か!」と溜息をもらす…そんな苦々しい思いを持つアークスも多いと思われます。
…起こらないから、奇蹟って言うんですよ

さて、そんなこの武器ですが、用途は意外と広く、初心者から上級者まで幅広く使えるのが特徴です。

装備条件が緩く初心者テクターが握る武器としては悪くない性能です。エルダーソールやマーク系など特殊能力てんこ盛りで超ブーストされた物もかなりの数が出回っているので、厳選すれば序盤がかなり楽になると思います。

また、2種類の潜在能力『氷縛結晶』と『細氷の枷』を持ち、更にアルティメットバスターが付く武器でもあるので、クラフトしてアルティメット用武器として使用する事もできます。

ちなみに私が所持している物は、なんでこんな中途半端なんでしょうね。『氷縛結晶』だとローズキャンドルの下位互換なうえに、クラフトもExLv3止まり。何を思って強化・開放し、クラフトしたのか…さっぱり忘れてしまいました。



■21 新光小槌 (炎属性)  ※詳細
20141211_07.jpg

もともと滅牙系ウォンドで装備を固めていた私にとって、闇属性を除く小槌は特に必用無いものでした。
しかし装備の流行り廃りはネトゲの常、いつ何時必用になるかわからない…と思い、前のドゥモニ弱体化週間にノリと勢いで作成されたのが残り5色の小槌達です。

まあ当然ですが、作ったもののこれといった用途も無く倉庫番を務める日々が続き、いつしか四天王と呼ばれるようになりました。
※昨日紹介した雷小槌もよく倉庫に置き去りにされたり忘れられたりするので四天王に含まれています。五人揃って四天王

さて、そんな彼等四天王に活躍の機会はやってくるのか!? とりあえず分析だけでもしてみましょう。

炎属性が弱点のエネミーは、原生種全般(バンサ・オングを除く)、蟲系ダーカー全般、海王種(海岸に棲息するもの、およびレオマドゥラード系)、黒の民(アヌシザグリ系、御大将系)、ダーカー系の世壊種(DA)全般、一部ラッピー系(サマー、ラタン、セント、エグ)、ナイトギア系

列挙してみると、意外と多いですね。
特に黒の民にも効くのは意外でした。まああの一旦木綿はよく燃えそうですが。

こうして見ると、炎小槌ならでは!というのは蟲系ダーカー全般に有効って点でしょうか。光属性だとレア種をカバーしきれないので。
とは言っても、蟲系レア種の中で、脅威となる大型ダーカーはダーク・アグラニくらいですね。ビブラスには光属性も効きますし、他はレア種といっても小型なので大した問題じゃありません。
まあ、うん…光負滅牙でいいよね…
グワナーダ・ネロ「あ、あの、あの…!」



■22 新光小槌 (氷属性)  ※詳細
20141211_08.jpg

続いて四天王の二、氷小槌の登場です。戦隊もの的にはブルーに相当します。
戦隊もののブルーと言えば、レッドと並んでシリーズ皆勤賞だったりします。あと性格的にはクールなキャラが多いってイメージですね。

閑話休題

さて、氷属性が弱点のエネミーは…真っ先に挙がるのは火山洞窟の龍族全般、海王種全般(ただしヴィド・ギロスは三つ首のうち一本のみ。本体は弱点無し)ですね。キャタドラン&キャタドランサ両方のレア種であるカタドラールも氷属性が弱点です。他には玩具系ダーカー全般、ナベリウス原生種系の世壊種(NA)全般、黒の民のアンジャドゥリリ系、機甲種のスパルザイル

…なんでスパルザイル? あれですか、爆弾背負ってるから黒の核晶のように凍らせればオッケーとかそういう事ですか?

ともあれ、こちらは結構スッキリとまとまっていますね。言い換えれば、滅牙でカバーしきれない例外モノが少ないと。
うん、滅牙で十分ですね…

どうにか挙げるとすれば、アルティメットクエストでアルティメットバスター無しの次善の武器として使えそうな事でしょうか。



■23 新光小槌 (風属性)  ※詳細
20141211_09.jpg

風属性のウォンド!

…はぁ、はぁ。
失礼、つい興奮していまい…

実はこれ、私にとっては初めて作った風属性のウォンドだったりします。

風属性ウォンドというと、代表的なものにウィンドミル風エリュシオンがありますが、どちらもテクニックを主力とするタイプが使う武器だったので、私は持っていませんでした。

そんな四天王の三である風小槌ですが、これが有効なエネミーはと言いますと…真っ先に挙がるのはダークファルス【敗者】とファルス・アンゲル、その眷属である有翼系ダーカー全般(アポス・ドリオスとそのレア種アポストル・トリッツァーも含む)。次に惑星ナベリウスの森林に棲息する原生種全般(ただしボス級ではロックベアとバンサ・オングのみ)。

うん、水属性以上にすっきりさっぱり!
というか森林系原生種、網羅してないのか!びっくりですよもう。
バンサ・オングに有効な唯一の属性!とかプッシュしようとしたのに、逆に穴の方が大きいんですもの。
※ログベルト、ファングバンサー夫妻、更にはバンサ・ドンナまでが炎属性のみ弱点。せめて夫婦で弱点揃えておこうよ…

まあ、有翼系ダーカーは全部イケるから、そっち方面じゃ良いんじゃないですか(適当)。
有翼系は光属性も網羅していたりするけど



■24 新光小槌 (光属性)  ※詳細
20141211_10.jpg

最後は四天王の四にして、恐らく最も使えるんじゃないかと思われる光小槌です。

光属性が弱点のエネミーは…ダーカー系全種(魚介系&蟲系レアおよびエル・ダガンを除く)、ダークファルス系全種、ダーカー系の世壊種(DA)全種、クローム・ドラゴン、アンガ・ファンダージ、以上!

見事なまでにダーカー系に偏っていますね。特に光属性のみが弱点のエネミーは、クローム・ドラゴン、アンガ・ファンダージ、【仮面】の三種。
昨日はクローム・ドラゴンのみとか言ってなかったかって? そうでしたっけ?ウフフ

まあ、通常種のダーカーに関しては、属性が同じである以上、光属性負滅牙とカバー範囲が重なる上に倍率でも負けてるのでそちらに任せましょう。
唯一勝ってるのはクローム・ドラゴンに対しても有効という点くらいですね。

ちなみにクラフトしてない素の光ダガッチャウォンドと光小槌では、ダーカーに与えるダメージはほぼ互角という話も聞きますので、マヌグスグリン様を持っていないならば、光負滅牙より光小槌もアリ…という事になります。

後は、氷小槌と同じくアルティメットクエストでの次善武器として使えるという点ですね。
アルティメットバスター付き小槌の登場が望まれます。

結局、光小槌に関しては、ダメージは多少落ちるものの、昨日紹介した武器のうち光ダガッチャウォンド+光エクスウォンド+光トレイターケイジの三役をこれ一本でこなせるスゴイ奴って事になります。
ですので、これからウォンドを揃えようと思っている方は、光小槌も有力な選択肢になるのでぜひご一考を。
残念ながらウチでは倉庫番ですが


■25 バリドランウォンド (闇属性)  ※詳細
20141211_11.jpg

バリドランの鱗って書いてあるけど嘘だッ!!! 引っこ抜いた舌でしょこれ!
生首やら舌やらウォンドにはやけに猟奇的な武器が多いですが、武器の開発者の趣味なんでしょうかねコレ…

…失礼。お見苦しいところをば。

さて、最後に紹介するのは、これから作ろうと思っているウォンドについてです。
なので、とりあえずブツだけは用意したものの、属性強化くらいしかやってない未完成品です。

まずは最初に挙げるのはこのバリドランウォンドです。

龍滅牙のついた最初のウォンドですね。古くからテクターをやっている先輩方は、龍滅牙と聞くとこれを想起する方も多いのではないでしょうか。
私は後継となるエクスウォンド登場後に始めたので、このウォンドについては存在を知る程度で縁はありませんでした。

実はこのウォンド、龍滅牙の他にもう一つ『絶龍印』という潜在能力があります。
昨日紹介したダルスウォレイドの龍族版ですね。龍族から受けるダメージを最大で40%カットしてくれる、とても素敵な潜在能力です。

と言うのも、実は私、クォーツドラゴンが苦手でして。今でもたまに床を舐めさせられる事がある油断ならない相手です。
怖いのは首振りブンブン丸と全方位拡散レーザー。特に後者は地獄のシャワーと呼んで恐れています。
※どれくらい恐れているかというと、予兆に気付いた瞬間、呂布に遭遇した雑兵ばりに全力で逃げます。りょ、呂布だー

そのため、攻撃よりも防御を固めてじっくり攻めようと思い、闇属性の絶龍印ウォンドを作ろうと思った次第です。勿論、ポイズン入りで。



■26 マヌグスグリン (光属性)  ※詳細
20141211_12.jpg

続いて紹介するのは、マヌグスグリン様! 現在最強の対ダーカー用ウォンドです。

対ダーカー用ウォンドとしては昨日紹介したダガッチャウォンドが既にあるのですが、やっぱりこの見た目と迫力は魅力的なのです。威力面でもトップクラスですし。
注意点としては、装備条件の厳しさもまたトップクラスという点ですね。法撃マグが必須でしょうか。そんな所もまた素敵ですが。

まあ、これはすぐに必用という訳でもないので、次のドゥモニ弱体化週間あたりに作ろうと思っています。



■27 ローズキャンドル (光属性)  ※詳細
20141211_13.jpg

最後はこれ、光属性のローズキャンドルです。

上ではあまり芳しくない評価をつけていましたが、採掘基地防衛戦で雑魚に対する足止めを兼ねた攻撃用武器として使えるんじゃないかと思っています。
特にXHの襲来なんかではゴルドラーダのしぶとさがハンパなく、まさにゴキブリ並みと言っていい有様です。
既に所持してるキャンドルは氷属性でエレメントウィークヒットが効かないので、効くやつを新しく作っちゃおう!って訳ですね。
ラッキーライズ2も付いてるしフヒヒ





さて、以上で全ての紹介が終了となります。
二日間に渡って長々と書いてきましたが、お付き合いくださりありがとうございました!
この記事で少しでもテクターやウォンドに興味を持って頂ければ幸いです。

それでは皆様、よいPSO2ライフを。


テーマ:ファンタシースターオンライン2 - ジャンル:オンラインゲーム

[2014/12/1100:40] | 武器・防具 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<お前ら人間じゃねぇ! | ホーム | とある元素使(テクター)の短杖目録 【前編】>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mircheis.blog57.fc2.com/tb.php/17-62f8cf77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。